ゴミの出し方(Q&A)

Q 一時多量ゴミとはどのようなゴミをいうのですか?

A 引越しや植木の刈り込み、家屋の改装、畳の張り替えなどに伴って出されるゴミをいいます。
この一時多量のゴミは、市では収集をしませんので、排出者自らが市の指示する処分施設へ搬入するか、
市が許可した収集業者に頼んで引き取ってもらうようにしてください。
 
Q サビた金属類も資源ゴミとして出していいのですか?
A 少しくらいサビたものなら、資源ゴミとして収集します。
しかし、全体的にサビついて、すぐに壊れるようなものは、燃やせないゴミとして出してください。
 
Q ペットボトルやビンのふたは、何ゴミになるのですか?
A ペットボトルやビンのふたは、すべて燃やせないゴミとして出してください。
アルミでできたふたでも、燃やせないゴミです。
 
 古いストッキングや、綿入りのはんてんなども資源ゴミになるのでしょうか?
A 衣類は種類を問わず、すべて資源ゴミとして収集します。
 
Q 蛍光灯は有害ゴミということですが,白熱電球もそうですか?
A 蛍光灯は水銀を含んでいるので有害ゴミですが、
白熱電球には水銀が含まれていないので、有害ゴミではありません。燃やせないゴミとして出してください。なお、破裂すると危ないので、新聞紙などで包んで出してください。
 
Q 食用油などは、どうやって出せばいいのですか?
A 食用油や廃油などは,ボロ布や新聞紙にしみ込ませて,燃やせるゴミの日に出してください。
 
Q 乾燥剤や使い捨てカイロは,何ゴミでしょうか?
A 乾燥剤でも、ピアノに入っているような多量なものは業者に持ち帰ってもらってください。
その他の少量の乾燥剤は燃やせるゴミです。
また、使い捨てカイロは、燃やせないゴミとして出してください。
 
Q 針、かみそり、カッターの刃などはどのようにして出せばいいのでしょうか。
A フィルムケースや,じょうぶなビニール袋に入れて安全な形にし,燃やせないゴミとして出してください。
 
Q 市販のペットの砂は使用後どうすればいいのですか。
A 少量ずつ紙に包んで,燃やせるゴミとして出してください。
 
Q 使えなくなった包丁は、何ゴミとして出せばいいのですか。
A 包丁は、刃の部分を新聞紙でおおい、ビニール袋に入れて資源ゴミとして出してください。
その際、「危険」と袋の表に明記することを心がけてください。
 
Q 携帯電話、ドライヤー、電気ポットは、何ゴミになるのですか。
A 基本的に、長さ、または最大径が30センチメートル以上の電気製品などは、大型ゴミになります。
携帯電話、ドライヤー、電気ポットなど、長さや最大径が大型ゴミの対象基準に満たない電気製品は、
燃やせないゴミになります。
なお、大型ゴミの出し方など、詳しくは大型ごみ排出ハンドブックをご覧ください。