JIG工房

JIG鋳造と一口に言っても、色々な方法があり、いきなりのオリジナル製作は荷が重かったので、当時一番使っていた
JIGの複製を作るところから始めました。(メーカーさんゴメンね)
最初にやったのは、石膏型を利用する方法でした。比較的安価に型を作れますが、耐久性に問題があり、一つの型で
鋳造できたのは、30個位でした。
次に試したのは、シリコン型です。建築用のシリコンコーキングを利用したものです。耐久性は上がりましたが、エッジ
部分が甘くなり、整形&研磨作業が煩雑になりました。
今現在は、来画さんのルアー(JIG)専用の耐熱シリコンを利用して、鋳造型を作っています。
耐熱性および耐久性も申し分なく、快適に作業をしています。

以下は、耐熱シリコンを利用した鋳造型でのJIG製作の方法を紹介します。

材料および工具類

原型の製作

型取り

いざ、鋳造!

整形&研磨